忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
サボテンダー好きの冒険者しぐれの自己満blog。
Carender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Comments
[12/16 しぐれ]
[12/16 -toki-]
[10/22 しぐれ]
[10/22 Mikan]
[02/06 しぐれ[管理人]]
Counter
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



時に出会ったばかりの冒険者同士で強敵と対峙しなければならないときがある。
それをしぐれは経験した。
荒れ狂う敵に仲間が疲弊していく。
その仲間を決して死なせてはならない。
それが白魔道士として生きるしぐれの使命である。
強すぎる相手に震える暇もなく詠唱し続ける戦い。
仲間を信頼し、自身を信用しなければ戦えない場所。
それが、地下空間なのだと知った。

出会ったばかりの冒険者であっても、同じ志を持っていれば敵は倒せる。
不安は信頼と自信で拭うしかない。

強敵はこの先まだまだたくさんいる。
冒険者は怯えや不安を消し去り、ただ前に進むしかないのである。

拍手[0回]

PR


聖剣をにぎり、聖なる盾を背負うことを許されてからどれくらいたっただろうか。


出来るのならば、剣を血の色に染めたくはない。

そう思いながら、剣を振りあやめなければならない数々の命があった。



剣が活躍するということは、それだけ多くの命をあやめているということ。



脅威に立ち向かうためとはいえ、亡くなった命に対し笑顔になれない。

世界の脅威、悪としての存在であったとしてもそれが生きていた命であったことは忘れてはならない。



一方で、それにより護られた多くの仲間や民の笑顔がある。

その笑顔に触れたとき、私も一緒に笑顔になれる。



この剣が活躍しなくなる世界。


それが望まれる世界。


脅威のない平和で安定した世界。


望まれる世界のために一人のナイトとして


剣を胸に、盾を背に、民を笑顔に


そう心に刻み、しぐれは新たな世界へ歩み出した。

拍手[1回]



護るべき世界・・・

そう考えられるようになってきたのは最近だった。


冒険者になると決めたときから少しでも世界に名を馳せることができればと思ってはいた。

しかし、実際に世界に必要な存在となった今自分自身の力の大きさに震えるときがある。


武者震いなのか・・・ただの怯えなのか・・・


それはわからない。

ただ、怯えていては前に進めない。

護るべき世界が護れない、それを実感している。


白魔道士としての力を授かり、世界の脅威と闘う現実。

私はそこに大きな誇りを持っている。



仲間とともに世界の脅威と闘い、来たる未来を護る。

たとえ困難が待ち受けていようと、この誇りと大切な仲間はその困難を突破する力となる。


さぁ、休息を終えたら次なる敵を討ちに行こうではないか。

拍手[0回]

≪  1  2  3  4  5  6  7  8  ≫
Profile
HN:
しぐれ
性別:
非公開
職業:
幻術士(白魔導師)・剣術士(ナイト)・調理師・弓術士・園芸師・錬金術師・漁師
趣味:
ミニオンと戯れる
自己紹介:
当ブログについてはこちらから。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも大歓迎です。
相互リンク希望の方はコメント等でご連絡お願いいたします。
飛んで喜びます!!



Cacutarsをフォローしましょう


人気ブログランキングへ
Twitter
Search
Geotargeting

ジオターゲティング
Trackback
QRcode
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]