忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
サボテンダー好きの冒険者しぐれの自己満blog。
Carender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Comments
[12/16 しぐれ]
[12/16 -toki-]
[10/22 しぐれ]
[10/22 Mikan]
[02/06 しぐれ[管理人]]
Counter
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





隕石衝突まで24時間を切った。
 
あっという間にここまで時間が迫ってきたという印象である。
 
 
 
しかし、時が迫り敵の攻撃があっても休める時に休むのが冒険者Sigreのスタイルである。
 
そんな訳で、今日も宿屋で目を覚ましたSigre。
 
起きると共にエオルゼア同盟軍の司令部からの放送が入った。
 
内容は、要約すると
 
至急キャンプ・ドラゴンヘッドで敵の迎撃にあたれ
 
というものだった。
 
宿屋を出るとSigreは先ずリムサの街をチョコボに乗り哨戒した。
 
冒険者の姿は当然の如くなかった。
 
 
Sigreはひとりテレポでキャンプ・ドラゴンヘッドへと向うと、エーテライト周辺では倒れ、動けなくなっている冒険者が何人もいた。
 
 
凄まじい力を持つ無機質な身体を持つ敵が冒険者を襲っていた。
 
 
Sigreは直ぐにレイズを詠唱し、
ひとりの冒険者の命を先ず救うことができた。
 
しかし、生命を賭して敵を倒しても、次から次へと敵は湧いていた。
 
火をまとった敵
ジェル状の敵
そして、鋼の敵
 
Sigreも攻撃魔法を詠唱し加勢するが、僅かも相手の力を弱めることはできなかった。
 
 
初めて会う冒険者しかいなかった。
しかし、同じ目的を持つ者同志全力で闘った。
 
 
この世界が終わっても、
新たに始まる世界がある。
 
共に闘い、共に笑い、共に築こう!
 
 
私たちはまだ見ぬ新たな世界のために今を生き、闘っているのだ!

拍手[0回]


鋼の敵に簡単にやられたSigre。
 
デジョンでウルダハに帰ると昨日まではなかった守り神がいた。



 
 
Sigreは人知れず安堵を憶えた。
恐らく多くの冒険者もその風景を見て安堵を憶えたに違いない。
 
 
はい。
 
正直びっくりしましたよ!
まさか列を成してるとは思わなかったですから!!
 
昨日ひとりでのっそのっそSigreは
走り回ってましたけども、
その発想はなかったです!
 
まさに総力戦だと感じましたw
 
明日はどれくらいの人がインするのだろうか…
 
気になりながら来たる時を待とうと思います。
PR
≪  87  84  83  82  81  80  78  75  74  73  71  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Profile
HN:
しぐれ
性別:
非公開
職業:
幻術士(白魔導師)・剣術士(ナイト)・調理師・弓術士・園芸師・錬金術師・漁師
趣味:
ミニオンと戯れる
自己紹介:
当ブログについてはこちらから。

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも大歓迎です。
相互リンク希望の方はコメント等でご連絡お願いいたします。
飛んで喜びます!!



Cacutarsをフォローしましょう


人気ブログランキングへ
Twitter
Search
Geotargeting

ジオターゲティング
Trackback
QRcode
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]